保土ヶ谷,天王町駅,歯科,歯医者|やまもと歯科クリニック|保土ヶ谷区

やまもと歯科クリニック

045-338-1182
〒240-0003 横浜市保土ヶ谷区天王町1-17-8-1F

院長ブログ

  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 審美歯科
  • 予防歯科
  • 口腔外科
  • 入れ歯
  • 治療症例
  • 院長ブログ
  • 求人案内
  • WEB問診票
  • アメーバブログ

歯のかぶせ物についてよく受ける相談

2013-3-28

審美歯科という言葉が少しずつ浸透してきていますが、




  当院でよく質問されることの多いお話をご紹介します。




 


やまもと歯科クリニックのブログ         




 少し見づらくてすみませんが、当院の患者さんへの説明用



 写真です。リーフレットも置いてあります。





 ご存知の方も多いかと思いますが、現在日本の歯科治療




 において、前歯は保険治療で白い歯が被せられます。




 費用は型取りと材料費で約1万円くらいです。




 犬歯から後ろ4本の奥歯は保険治療で白くて丈夫な



 かぶせ物は原則入れられません。





 そこで、簡傑にかぶせ物のご説明をしてみましょう。




【1】  保険の白い歯・・・プラスチックの歯もしくは


               プラスチックを表面に貼り付けた銀歯





 この保険のかぶせ物は年数が経過すると、茶色く変色が



 起こります。



 目安は3~5年以上経過後だと思います。



 はじめから色彩や耐久性が悪いわけではありません。



 現在の保険治療でできる歯でも以前よりは綺麗です。






【2】 保険がきかない歯・・・セラミックもしくは強化プラスチック




 個人名は出しませんが、芸能人でとても歯が綺麗な方は



 セラミック製のかぶせ物をしております。



 セラミックの利点は、色や艶が何年使っても変わらないことです。



 これが最大のメリットです。



 ただし、当院でも1本で費用は8万円いたします。



 虫歯や歯周病にならないように、こちらの歯を入れたら定期的な



 ケアをすることをお勧めいたします。




 強化プラスチック(ハイブリッドセラミックス)は、セラミックと



 プラスチックのブレンドされたかぶせ物と思ってください。



 保険のかぶせ物よりも変色が少なく、耐久性もあります。



 ただし、当院でも費用は5万円します。





 やまもと歯科クリニックでは皆様に治療の選択肢として、



 ご提案は致しますが、押し付けることは一切しておりません。





 また、悩まれている時にはご相談に乗りますので、ご遠慮なく



 聞いてください。



 インターネット等で調べると、たくさん情報はでてくると思いますが、



 迷ったときは実際のお話を聞いたほうが早く問題解決



 ができると思いますよ。





まことに簡単ですが、参考になれば幸いです (^o^)