保土ヶ谷,天王町駅,歯科,歯医者|やまもと歯科クリニック|保土ヶ谷区

やまもと歯科クリニック

天王町駅徒歩3分 / 平日20時まで診療

〒240-0003 横浜市保土ヶ谷区天王町1-17-8-1F

天王町の歯医者
やまもと歯科クリニック

コラム
Column

妊娠中のお母さんの栄養や食事について

2012-5-11

「おめでとうございます(^o^) 現在○週目ですよ!」

お母さんにこれからなられる方、今育児に奮闘されている方なら

産科で言われた記憶も新しいことでしょう(^o^)

幸せを感じるときですよね!

ただ悲しいことに分娩できる病院が少ないことや、産科の先生の不足、分娩費用の上昇など・・・

少子化といってますけど、今の現状では子供を産んで育てる社会環境が十分とはいえません。

家族が増えるという幸せを手に入れるハードルがもう少し低くなればいいですね(≡^∇^≡)

さて、今回は妊娠中のお母さんへ、おなかの中のあかちゃんの

歯の成長をまじえて栄養のお話をさせていただきたいと思います。

 

【1】あかちゃんの歯の成長(^o^)

1、妊娠2か月(7週) 子どもの歯(乳歯)のたまごができる

2、妊娠4カ月(16週)子どもの歯のたまごがかたくなる

大人の歯(永久歯)のたまごができる

3、妊娠10か月(39週) 大人の歯(永久歯)のたまごがかたくなる

いがいと知られていませんが、子どもの歯(乳歯)は妊娠初期から作られ始めています(^o^)

妊娠中期では子どもの歯が成熟していきますが、同時に早くも大人の歯のもとが作られ始めています

とくにカルシウムが不足しないように気をつけましょう

牛乳、チーズ、小魚って大事ですよ

 

【2】妊娠中の食生活の注意点

妊娠初期・・・・・・・・ビタミンAをとりすぎない

つわりでつらい時は食べたい物を食べて水分をとる

便秘予防に食事は時間をかけてよく噛み

食物繊維をよくとること

アルコール類、喫煙、カフェインは控えめに

飴やガムはキシリトール配合が望ましい

妊娠中期・・・・・・カルシウム、鉄分、たんぱく質を十分にとる

 

塩分は1日10グラム以下

カロリーの摂りすぎに気をつける

妊娠後期・・・・・・バランスの良い食事を心がける

ビタミン、鉄分、カルシウムを十分にとる

塩分、糖分の摂りすぎ注意(むくみ防止)

 

なかなか大変でしょうが、1にちに30品目のものを

バランスよく食べることが求められています(ノ゚ο゚)ノ

今は野菜が高いですし、たくさん買ってあまるのも

もったいないし困りますよね!

そんなときはサプリメントや野菜ジュースなどを

うまく利用して栄養が不足したり偏ったりしないように

気をつけましょう(^o^)

 

【3】成人の1日に食べる量の目安

たんぱく質   牛乳 200cc

卵  1個

豆腐 100g 

肉  50g

魚  50g  

炭水化物 ご飯 茶碗3杯(1食1杯) 

砂糖 大さじ2杯

脂質 植物油大さじ2杯

ビタミン・ミネラル  果実  りんご1個 

緑黄色野菜  丼1杯分(生の状態)

その他の野菜 丼2杯分(生の状態)

海藻 5g

妊娠期に加える量 牛乳 200cc 

小魚 10g 

肉レバー 10g 鉄分

ビタミン豊富です

青菜 30g 

ひじき 5g 

鉄分豊富

以上が理想的な妊婦さんの食生活です

難しそうで、えーって思いますよね

ただ、1日トータル、1週間トータルして、赤ちゃんのために不足する栄養がないように心がけてあげてくださいね(^o^)

 

pagetop

045-338-1182