保土ヶ谷,天王町駅,歯科,歯医者|やまもと歯科クリニック|保土ヶ谷区

やまもと歯科クリニック

045-338-1182
〒240-0003 横浜市保土ヶ谷区天王町1-17-8-1F

院長ブログ

  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 審美歯科
  • 予防歯科
  • 口腔外科
  • 入れ歯
  • 治療症例
  • 院長ブログ
  • 求人案内
  • WEB問診票
  • アメーバブログ

しつけと虐待

2014-12-31

今年もあとわずかとなりました。(^_^)
いつもより、家族と一緒にいる時間が長く、なるべく家事を手伝っております


ふだん、子どもと母親はいつも一緒なので、口喧嘩は多く、それを仲介する事が多いのですが、このような時は、私も怒る回数がやはり増えてしまいます。

何回注意しても、片付けをしないとか、歯みがきをきちんとしないとか・・・(笑)

でも誉めることもします(*^^*)アメとムチですね



ここで、いつも思っている事があるのですが、子どもの躾について何がベストなのかということです。

先輩のお手伝いで、時々空手教室に行くのですが、「うちの子、躾ができないので宜しくお願いしますm(__)m」と言われると、???

それはご両親のお仕事ではありませんか?(^^)と感じる時もあります。時には厳しく、時には優しくが大切ですね(^○^)

ただ、ここ数年、信じられない虐待のニュースが後を絶ちません。自分の子どもにあり得ない行動をとり、それを躾だという親御さん。

私は、虐待は病院で手当てを必要とする怪我をさせる、あるいは命の危険をともなう精神的または肉体的苦痛を与えることと勝手に定義しています。

学校の先生方は完全に体罰は禁止のようですが、これはこれで先生方もかなり大変なはずです。

人は自分が痛みを経験しないと、他人の痛みがわからない動物です。生まれてから1度くらいは少しくらい痛い思いをしておく方が優しく育つのではないかなぁと感じております。

決して体罰容認の意見ではありませんが、子どもの躾には、思いやりを持って、愛情を持って責任ある対応をきちんと親がとれるよう子どもと一緒に成長していきたいものですね

と生意気なコメントになってしまいましたが、自分の子どもにきちんと躾ができてるのか心配です(^_^ゞ